03/12/2022

看護師が職場内で求められるスキルや経験については、それぞれの医療現場の診療方針や科目、患者の病状などによってバラつきがあるため、じっくりと自分に向いている職場を判断することが重要です。

たとえば、専門性の高い心臓外科や脳神経外科などの診療科で看護師として活躍したい場合は、一般の内科や外科など診療科で一定期間キャリアが構築する必要があります。そのため、就職先の候補を選ぶうえで、各地の医療機関の求人の応募条件や、それぞれの診療科目で期待されている人物像などをよく把握することが大事です。
また、手術室や救急センターなどの命の危機が迫っている患者に対して適切な看護ケアを行うには、就職後も継続的にスキルアップを図ることが重要となります。

看護師を含めてすべての医療従事者を対象とした業務研修に力を入れている医療機関においては、年齢や過去の実務経験の長さ、主な担当科目などによって、自由に研修の内容を選べるようにしているところもあります。また、高度な専門スキルが要求される現場においては、点滴や検査の準備、採血などの一通りの看護業務を完ぺきにこなせるように、日ごろから訓練をすることがポイントです。

もし、これから先の看護師としてのキャリア形成ついて悩んでいる場合には、看護師向けの人材センターなどに相談してアドバイスをもらったり、医療機関の採用担当者や現役の看護師に相談できるイベントなどに参加してみたりするのも良いでしょう。もし参加する時間がない場合には、看護師の現状と将来について考えてみる機会を設けてみるのもおすすめです。